ホーム>生物事典

生物事典

プランクトン

 プランクトンとは水中に浮いて生活し、遊泳力を持たないか運合力が弱く、もっぱら水の動きや流れに従って移動、分散するような主として小型の生物をいいます。このうち一般に光合成により水中の無機栄養塩から有機物を合成する生物を総称して植物プランクトンといい、植物プランクトンや有機物残渣等を餌とする生物を総称して動物プランクトンといいます。

目的

魚類の餌料生物としての役割―――動物プランクトン
環境汚染や浄化との関わり――――植物プランクトン
上記に関連した物質循環の一員としての役割――動植物プランクトン

採集場所

1.湖沼(動植物プランクトン)

湖沼におけるプランクトンの水平分布を調べるためには、湖沼の規模によって異なりますが、適当な間隔で5~10ヶ所の採取場所を選びます。垂直分布を調べる場合は、通常最深部を採取場所とし、一定間隔の深度ごとに試料を採取します。夏季に顕著な水温躍層を形成するので、採取は少なくとも夏季を含めて2回以上行うことが望ましいです。

2.内湾(動植物プランクトン)

内湾における採取場所は、湖沼と同じですが、湾奥部の停滞が著しい場所、養殖場、流入河川、潮汐などを十分に考慮して設定します。

採集方法

1.動物プランクトン

採水法及びネット法で採集します。

採水法 サンプル瓶をとも洗いし、採水します。
採水後中性ホルマリン5~10%を加え固定します。
ネット法

採取した試料をプランクトンネットで濾過します。または直接水中をプランクトンネットで引き、採取します。図.1直接ネットを引く場合には、濾水計をつけ て引くことで、どの程度の水を濾過したかがわかります。プランクトンネットは上部の経口20~30cm、長さ約50cm、ネットはNXX13(目開き 100μm)あるいはNXX17(目開き72μm)で、下端にコック付きのロート部を備えたものを使用します。

採集したら採取瓶の中身をサンプル瓶に入れ、何度かネットを洗い中性ホルマリン 5~10%を加えます。

 ネット法
図・1ネット法採集の様子  図・2プランクトンネット

                        

2.植物プランクトン

採水法で採集します。固定液は中性ホルマリンかグルタルアルデヒド1~2%を加えます。

*グルタルアルデヒド溶液は長期間保存することはできないため、長期間保存する場合には再度中性ホルマリン1~2%を加えます。

サンプルの運搬について

採水したサンプルは出来る限り採水現場の水温に近い状態で運搬します。特に夏季、運搬に長時間を要する場合はクーラーボックスなどに入れて運搬します。

サンプルの濃縮

採集したサンプルの濃縮作業をします。採集したサンプルは、24時間~36時間静置沈澱させます。その後図.3のようにサイホンで上澄み液を濾過します小さな容器に移し替え同様に24時間~36時間放置し、上澄み液を濾過澄ます。これを何度か繰り返し50~100mlになるまで濃縮します。次に沈殿管に移し24~36時間放置し、沈殿物の量を計測し、濃縮サンプル用のビンで保します。

*:アオコが多いサンプルは、表面に浮いて濃縮時沈まないことが多いので、サンプリング時にアオコの発生が確認された場合は、原水を別に1本分多くサンプリングして、アオコの数だけ先に顕微鏡で数えてしまう。(定量の場合)
*:動物プランクトンの場合は、対象とするサンプルがミジンコなどの場合は、実体顕微鏡で観察しますが、ワムシやせん毛虫などが多い場合は、生物顕微鏡で植物と同じ要領で検境する。

沈澱量の計測

沈澱量の計測

沈澱管(図の様な細いガラス管にメモリが書いて有るもの)に移し変え少なくとも24時間以上放置し、計測する。(沈澱量の測定等不要な場合は、上澄み液を除去後、濃縮サンプルとします。)

分析方法

1.定性分析

プランクトンの種類だけを顕微鏡で見て調べる方法です。これは、プランクトンの種類だけ調べ、多様度(種類の多さ)を比較します。

2.定量分析

生物の量(数や重さ)を調べる方法でいろいろな方法があります。

湿重量の計測

植物サンプルの場合は、あまり測定しません。
動物サンプルで一定量ネットを引いた場合に測ることは、ありますが、観察が終わってからでもかまいません。(前に測ると破損個体が増え分析しにくくなります。)

魚類

魚類は生活型で大きく分けられます。純淡水魚とは一生を淡水域で過ごすもの、通し回遊魚とは規則的に海域と淡水域の間を往復するもの、周縁性淡水魚 とは元来は海産魚であるが、河口汽水域で生活したり、一時的に淡水域に侵入する魚です。通し回遊魚は、回遊の仕方から降河回遊魚(海で生まれ、淡水域に遡 上して成長したのち産卵のために再び海を下るもののこと。)、遡河回遊魚(淡水域で生まれ、しばらくそこで過ごした後に海に下って成長し、産卵のために再 び淡水域に戻るもののこと。)、両側回遊魚(淡水域で生まれると直ちに海に下り、しばらくそこですごした後に、産卵とは無関係に再び川に遡上するもののこ と。)の3つに分けられます。

目的

どのような種類がその場をどのように利用しているか―――魚類相調査
特定の魚種がどのくらい生息しているか―――魚類調査

調査地点

基本的に事業対象地外に1~3地点、対象地内では必要に応じて複数地点を設ける。
河川であれば上流域、中流域、下流域、汽水域等を考慮し、ワンド、水生植物群落、干潟等のような特殊な環境のある所は、調査地点に加えることが必要です。
湖沼、ダム湖では湖央部、湖岸部、入江、流入水などです。

採集場所

流入部、川岸部、瀬・淵、水草帯・砂礫帯・転石帯、流心部、湧水等
一地点30~100m程度の範囲で採集します。

調査時期

原則として四季調査を行うのが望ましですが、魚類相を把握するには春から秋にかけて年2回程度でも十分です。

調査方法

  1. 魚群探知機による調査
  2. 水中目視観察調査
  3. 採集による調査

投網、タモ網、刺網などを用いて採集します。

 
 

ベントス

 河川、湖沼、ダム湖、海洋に生息する生物のうち、「全くあるいはほとんど常時水底に着いたままで生活する生物」のことです。動・植物ともに含む場合もありますが、一般には動物を対象にすることがほとんどです。

目的

餌料生物としての役割や水質の汚染状況を知る―――淡水ベントス
海の汚染状況や種の多様性、分布を知る―――――海産ベントス

調査地点

河川であれば上流域、中流域、下流域、汽水域など。
湖沼、ダム湖では湖央部、湖岸部、入江、流入水など環境の違いを考慮します。

採集場所

流心部、川岸部、瀬(早瀬・平瀬)淵、水草帯・砂礫帯・転石帯
沈んだ落葉があるプール、ヨシ群落、石裏の砂地流入水、湧水、護岸部など
一地点30~100m程度の範囲で採集します。

採集方法

定量採集

一定面積の面積内の川虫を採集することによって、どのような種が、どれだけいるかを個体数と重量から知る方法です。

定性採集 採集面積を決めずに、環境の異なる複数の場所で採集する方法です。この方法はその河川にどのような川虫が生息しているかを知るのに適しています。
定性採集の様子

定性採集の様子

1.ネットによる定量採集

コドラート付きサーバーネットによる定量採集の様子

ハンドネットを下流側にセットし、その上の石を手でよく洗います。
コドラート付きサーバーネットによる定量採集の様子

* 定量採集の場合は、25cm~50cm四方のコドラート(針金を曲げて、黄色のビニールテープを巻く)内の石や砂利などを丁寧に手で洗い、最後に底の砂利 や砂を撹拌し舞い上がらせ、ハンドネットに生物やその他のゴミなども一緒に入れます。その後サンプルに中性ホルマリン10%を加えて固定します。

定量採集概略図

 

2.採泥器による採集

人が立ち入れない水深の大きな箇所(淵、河口、湖沼等)では、船上や橋の上から採泥器を用いた底生動物の採集を行います。採泥器では一定の面積について採集できるため、定量採集に用いられます。

 

固定液について

エタノール70~85%が一般的に使用されています。しかし、アルコールによる保存は、脱色したり、川虫のキチン化した部分が軟化したりしてしまいます。これを避けるためにホルマリンで保存しています。

2.ソーティングa(不要な小石やゴミ、枯れ葉などを取り除く作業)

本来の意味は、並び替えと言う意味ですが、ここでは、ハンドネットに採集された物を現地でバット等に移し替え、小石や、大きなゴミや枯れ葉などを取り除き、生物のみを残しサンプルビンに入れるまでの作業を言います。(現地では、大きいゴミや小石などだけです)採取したサンプルビンには、採取年月日を、採集地点名や場所を記録し、持ち帰ります。

**注):少なくとも採集日の2~3日前までは、大量の雨が降ったりしていないことが条件です。雨の後は、河川が増水し、危険で有るばかりでなく、水生昆虫なども普段の時よりも少ない事が多いからです。(増水時では、水深があまり深く無い場所では、通常時期では全く水が無い場合の可能性が大きいと考えられます。継続的に採集している場合などは、これらの条件が変わってしまうと、種類や生物の構成も変わってしまいます。)このようなことから、常にいつもの河川の状況を把握して置くことが重要です。

観察方法

1.ソーティングb(サンプルの処理)
ホルマリンを入れて持ち帰ったサンプルは、細かい目(0.5mmか1mm)の分析用フルイに移し、水道で水洗いします。これをバットに空け、ピンセットで生物だけを全てシャーレなどに入れます。
定量採集の場合ユスリカなど小さな生物が多数入っている場合は、採取可能な量まで分割してもかまいません。

*:シャーレに移すとき、目で見て同じ種類だと思われる生物は、シャーレや容器がたくさん有れば、この時点で分けてもかまいません。

定量採集の場合には種別湿重量、総湿重量などを計測します。