ホーム>Bioニュース

Bioニュース

年末年始のお知らせ

=年末年始休業のお知らせ=

年末年始休業の営業は下記の通りとさせていただきます。
何卒ご容赦願います。

 

2017年12月27日(火)17:00まで

2018年1月9日(火)9:00より通常営業とさせて頂きます。


何かとご不便、ご迷惑をおかけすると存じますが、何卒ご了承くださいますよう
よろしくお願い申し上げます。

DNA解析技術による水生生物の同定をスタート致しました

DNA解析技術による水生生物の同定スタート

赤潮生物の最新知見(講演会は終了しました)

=講演会は終了いたしました=

日本水産学会(2017.03)の水産学会賞受賞講演の内容を主に今井一郎先生(現在:北海道大学水産学部特任教授)に小田原にてご講演をお願いしています。

講演日時:平成29年4月18日(火) 
   場所:小田原市民交流センターUMECO(会議室 7番)
   時間:10:00~11:20 (その後30分程度質疑応答)
   演題:赤潮生物の最新知見

※今井一郎先生は、北海道大学水産学部にて特任教授をされておりますが、大学の認可を受けH29年4月1日より当社の技術顧問としてお願いしております。

 

問合せ先:プラントビオ本社(山口まで)

福岡支店移転のお知らせ

=福岡支店移転のお知らせ=

平成29年4月3日より、福岡支店を下記の通り移転し、業務を行うことになりましたので、お知らせいたします。
今後とも、倍旧のご支援を賜りますようお願い申し上げます。

【新住所】   〒812-0892
         福岡県福岡市博多区東那珂3-2-20 第3ヒロタビル2号


【TEL:FAX】   変更なし

WET関連業務につきまして

WET関連業務につきまして下記の理由から業務を中止せざる負えない状況となりましたのでお知らせ致します。

1.WET試験の法令化が難しい状況となったため
2.ゼブラフィッシュ、ミジンコなど生物飼育のための休日出勤、光熱費等継続的にコストがかかるため

え~よんファイル 海産マクロベントス版2015

A4クリアファイル 海産マクロベントス版 2015版を作りました。

20150929155108.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

ミヤコドリガイ_R.JPG

 

 

 

 

 

Cinnalepeta pulchella
ミヤコドリガイ

 

 

カヤノミカニモリ_R.JPG

 

 

 

 

 

Clypeomorus bifasciata
カヤノミカニモリ

 


ウミニナ_R.JPG

 

 

 

 

 

Batillaria multiformis
ウミニナ



フトヘナタリ_R.JPG

 

 

 

 

 

Cerithidea rhizophorarum
フトヘナタリガイ

 

ヘナタリガイ_R.JPG
 

 

 

 

 

Cerithideopsilla cingulata
ヘナタリガイ

 

 

カワアイ_R.JPG
 

 

 

 

 

Cerithideopsilla djadjariensis
カワアイガイ

 


タマキビガイ_R.JPG

 

 

 

 

Littorina brevicula
タマキビガイ

 



クリイロカワザンショウガイ_R.JPG

 

 

 

 

 

Angustassiminea castanea
クリイロカワザンショウガイ

 

 

ヨシダカワザンショウガイ_R.JPG

 

 

 

 

 

Angustassiminea yoshidayukioi
ヨシダカワザンショウガイ

 

 

ツブカワザンショウガイ_R.JPG

 

 

 

 

 

Assiminea estuarina
ツブカワザンショウガイ

 

 

ヒナタムシヤドリカワザンショウ_R.JPG

 

 

 

 

Assiminea aff. parasitologica
ヒナタムシヤドリカワザンショウ

 

 

 

シラギクガイ_R.JPG

 

 

 

 

 

Pseudoliotia pulchella
シラギクガイ

 

 

イボニシ_R.JPG

 

 

 

 

 

Thais clavigera
イボニシ

 

 

マルテンスマツムシ2_R.JPG

 

 

 

 

 

Mitrella martensi
マルテンスマツムシ

 

 

コヤスツララガイ_R.JPG

 

 

 

 

 

Didotoglossa koyasensis
コヤスツララガイ

 

 

クリイロコミミガイ_R.JPG

 

 

 

 

 

Laemodonta siamensis
クリイロコミミガイ

 

 

ホトトギスガイ_R.JPG

 

 

 

 

 

Musculista senhousia
ホトトギスガイ

 

 

クチバガイ2_R.JPG

 

 

 

 

 

Coecella chinensis
クチバガイ

 

 

フジノハナガイ_R.JPG

 

 

 

 

 

Chion semigranosus
フジノハナガイ

 

 

テリザクラ_R.JPG

 

 

 

 

 

Moerella iridescens
テリザクラガイ

 

 

モモノハナガイ_R.JPG

 

 

 

 

 

Moerella jedoensis
モモノハナガイ

 

 

ユウシオガイ_R.JPG

 

 

 

 

 

Moerella rutila
ユウシオガイ

 

 

オチバガイ_R.JPG

 

 

 

 

 

Psammotaea virescens
オチバガイ

 

 

ヤマトシジミ_R.JPG

 

 

 

 

 

Corbicula japonica
ヤマトシジミ

 

 

コケゴカイ_R.JPG

 

 

 

 

 

Ceratonereis erythraeensis
コケゴカイ

 

 

ヒメヤマトカワゴカイ_R.JPG

 

 

 

 

 

Hediste atoka
ヒメヤマトカワゴカイ

 

 

イシイソゴカイ_R.JPG

 

 

 

 

 

Perinereis nuntia vallata
イシイソゴカイ

 

 

イトメ_R.JPG

 

 

 

 

 

Tylorrhynchus osawai
イトメ

 

 

ケンサキスピオ_R.JPG

 

 

 

 

Aonides oxycephala
ケンサキスピオ

 

 

 

ヤマトスピオ_R.JPG

 

 

 

 

Prionospio japonicus
ヤマトスピオ

 

 

 

ドロオニスピオ_R.JPG

 

 

 

 

Pseudopolydora kempi
ドロオニスピオ

 

 

 

ダルマゴカイ_R.JPG

 

 

 

 

Sternaspis scutata
ダルマゴカイ

 

 

 

アメリカフジツボ_R.JPG

 

 

 

 

Balanus eburneus
アメリカフジツボ

 

 

 

カギスガメ_R.JPG

 

 

 

 

Ampelisca diadema
カギスガメ

 

 

 

クビナガスガメ_R.JPG

 

 

 

 

Ampelisca brevicornis
クビナガスガメ

 

 

 

ヒヌマヨコエビ_R.JPG

 

 

 

 

Jesogammarus hinumensis
ヒヌマヨコエビ

 

 

 

ムロミスナウミナナフシ_R.JPG

 

 

 

 

Cyathura muromiensis
ムロミスナウミナナフシ

 

 

 

ヒガタスナホリムシ_R.JPG

 

 

 

 

Eurydice akiyamai
ヒガタスナホリムシ

 

 

 

ハサミシャコエビ_R.JPG

 

 

 

 

Laomedia astacina
ハサミシャコエビ

 

 

 

ヨコヤアナジャコ_R.JPG

 

 

 

 

Upogebia yokoyai
ヨコヤアナジャコ

 

 

 

メナシピンノ_R.JPG

 

 

 

 

Xenophthalmus pinnotheroides
メナシピンノ

 

 

 

カワスナガニ_R.JPG

 

 

 

 

Deiratonotus japonicus
カワスナガニ

 

 

 

ハクセンシオマネキ_R.JPG

 

 

 

 

Uca lactea
ハクセンシオマネキ

 

 

 

アカテガニ_R.JPG

 

 

 

 

Chiromantes haematocheir
アカテガニ

 

 


アシハラガニ_R.JPG

 

 

 

 

Helice tridens
アシハラガニ

 

 

ベンケイガニ_R.JPG

 

 

 

 

Sesarmops intermedia
ベンケイガニ

 

 

 

トリウミアカイソモドキ_R.JPG

 

 

 

Acmaeopleura toriumii
トリウミアカイソモドキ

 

 

 

 

タイワンヒライソモドキ_R.JPG

 

 

 

 

Ptychognathus ishiii
タイワンヒライソモドキ

え~よんファイル 植物プランクトン版2015

A4クリアファイル 植物プランクトン版 2015 を作りました。

A4shokupu.jpg

配置.jpg

01_R.jpg

Prorocentrum micans
プロロケントルム ミカンス
海産渦鞭藻類
小田原漁港
 
日本沿岸に普通に出現する渦鞭毛藻類
走査電子顕微鏡写真参照(写真☐1)
棘状突起が特徴
赤潮出現種

(写真①)

02_R.jpg

Protoperidinium depressum
プロトペリデニウム ディプレッサム
海産渦鞭藻類
小田原漁港 春季

日本沿岸に普通に出現する渦鞭毛藻類で上殻、下殻の鎧版の形と数が分類のポイント
走査電子顕微鏡写真参照(写真☐2)

(写真②)

03_R.jpg

Peridinium bipes
プロトペリデニウム ビペス
淡水渦鞭藻類
芦ノ湖 春季

日本の湖沼で普通に出現する
 

 

(写真③)

 

04_R.jpg

Aulacoseira granulata
オウラコセイラ グランラータ
淡水珪藻(円心目)
小田原城堀 

走査電子顕微鏡写真参照(写真☐3)
日本の湖沼、ダム湖に普通に出現する

(写真④)

05_R.jpg

Stephanopyxis palmeriana
ステファノピクシス パルメリアナ
海産珪藻(円心目)
小田原漁港 冬季

走査電子顕微鏡写真参照(写真☐5,6)
日本沿岸に普通に出現する

(写真⑤)

06_R.jpg

Thalassiosiraceae
タラシオシーラ科
淡水珪藻(円心目)
小田原城堀 早春期

走査電子顕微鏡写真参照(写真☐7,8)
複数種の遠心目珪藻が含まれますが、電顕で確認しないと種類までわかりません

 

(写真⑥)

07_R.jpg

Thalassiosira anguste-lineata
タラシオシーラ アングステ-リニアータ
海産珪藻(円心目)
東京湾 春季

東京湾では冬季から春季にかけて普通に出現する
複数の糸状突起により群体を形成する

 

(写真⑦)

08_R.jpg

Actinoptychus senarius
アクチノプティカス セナリウス
海産珪藻(円心目)
小田原漁港 春季

走査電子顕微鏡写真参照(写真☐6,7)
日本沿岸に普通に出現する

 

(写真⑧)

09_R.jpg

Bacteriastrum sp.
バクテリアスツルム族の一種
海産珪藻(円心目)
小田原漁港 冬季
走査電子顕微鏡写真参照(写真☐11)

日本沿岸に普通に出現する

 

(写真⑨)

10_R.jpg

Chaetoceros debilis
キートケロス デビル
海産珪藻(円心目)
小田原漁港 冬季

走査電子顕微鏡写真参照(写真☐12)
日本沿岸に普通に出現する
群体は著しく曲がる

 

(写真⑩)

11_R.jpg

Chaetoceros didymus
キートケロス ディデマム
海産珪藻(円心目)
小田原漁港 春季
走査電子顕微鏡写真参照(写真☐13)
日本沿岸に普通に出現する
群体軸は直線的、殻環面の突起が特徴

 

(写真⑪)

12_R.jpg

Chaetoceros pseudocurvisetus
キートケロス シュードクルビセタム
海産珪藻(円心目)
小田原漁港 春季
走査電子顕微鏡写真参照(写真☐14)
日本沿岸に普通に出現する

群体軸は曲がり、細胞の殻環面外側に孔あるのが特徴だが、光学顕微鏡では確認しずらい

 

(写真⑫)

13_R.jpg

Chaetoceros subtilis
キートケロス サブチリス
海産珪藻(円心目)
宍道湖 秋季
汽水域

群体軸は曲がり、脆弱そうに見えます。汽水域特産というべき種類で宍道湖や三方湖で確認されます

 

(写真⑬)

14_R.jpg

Triceratium sp.
トリケラチウム属の一種
海産珪藻(円心目)
伊豆下田近海 冬季
走査電子顕微鏡写真参照(写真☐15,16)

上から見ると三角形の特徴的な形態です

 

(写真⑭)

 

15_R.jpg

Didymosphenia geminata
ディモスフェニア ゲミネイタ
淡水珪藻(羽状目)
北海道河川 夏季

出現は局所的で比較的稀な種類ですが、優占することがあります
酸処理をし状線の数などが分類のポイントなります

 

(写真⑮)

16_R.JPG

Dictyosphaerium pulchellum
ディクチオスフェリウム プルケルム
淡水緑藻1
秦野市 春季

連絡糸により枝状に連結する美しい群体

 

(写真⑯)

17_R.jpg

左上:Crucigenia sp.
    クルシゲニア属の一種
右上:Acanthosphaera zachariasii
    アカントスフェラ ザカリアシ
左下:Coelastrum sp.
    ケラスツルム属の一種
右下:Actinastrum hantzschii
    アクチナスツルム ハンチイ
淡水緑藻2
小田原城堀 春季

(写真⑰)

18_R.JPG

左上:Pediastrum simplex
    ペデアスツルム シンプレックス
右上:Pediastrum simplex
    ペデアスツルム シンプレックス
左下:Pediastrum tetras
    ペデアスツルム テトラス
右下:Pediastrum duplex
    ペデアスツルム デュプレックス
淡水緑藻3
小田原城堀 春季

(写真⑱)

19_R.JPG

左上:Scenedesmus opoliensis
    セネデスムス オポリエンシス
右上:Pteromonas sp.
    プテロモナス属の一種
下:Tetraedron gracile
   テトラエドロン グラシル
淡水緑藻4
小田原城堀 春季

(写真⑲)

20_R.jpg

Staurastrum sp.
スタウラスツルム属の一種
淡水緑藻5
小田原城堀 春季

 

(写真⑳)

21_R.jpg

Prorocentrum micans
プロロケントルム ミカンス
海産渦鞭
真鶴岬 秋季
走査電子顕微鏡像 7000×
光学顕微鏡写真参照(写真①)
 

(写真☐1)

22_R.jpg

Protoperidinium depressum
プロトペリディニウム ディプレッサム
海産渦鞭
小田原漁港 秋季
走査電子顕微鏡像 1000×

光学顕微鏡写真参照(写真②)

 

(写真☐2)

23_R.jpg

Aulacoseira granulata
オウラコセイラ グラニュラータ
淡水珪藻(円心目)
小田原城濠 秋季
走査電子顕微鏡像 2500×

 

(写真☐3)

24_R.jpg

Skeletonema sp.
スケルトネマ属の一種
海産珪藻(円心目)
小田原漁港 夏季
走査電子顕微鏡像 10000×

 

(写真☐4)

25_R.jpg

Stephanopyxis palmeriana
ステファノピクシス パルメリアナ
海産珪藻(円心目)
小田原漁港 秋季
走査電子顕微鏡像 600×

 

(写真☐5)

26_R.jpg

Stephanopyxis palmeriana
ステファノピクシス パルメリアナ

小田原漁港 秋季
走査電子顕微鏡像 6000×

 

(写真☐6)

27_R.jpg

Thalassiosiraceae
タラシオシーラ科
淡水珪藻(円心目)
小:Discostella pseudostelligera
ディスコステラ シュードステリゲラ D=6μm

中:Cyclostephanos sp.(cf.dubius)
   キクロステファノス属の一種 D=9μm

大:Cyclotella meneghiniana
   キクロテラ メネグヒニアナ D=18μm

小田原城堀
走査電子顕微鏡像 3000×   (写真☐7)

28_R.jpg

Thalassiosiraceae
タラシオシーラ科
淡水珪藻(円心目)
Cyclostephanos sp.(cf.invistaus)
キクロステファノス属の一種

小田原城堀
走査電子顕微鏡像 8000×
D=12μm

(写真☐8)

29_R.jpg

Actinoptychus senarius
アクチノプティカス セナリウス
海産珪藻(円心目)
小田原漁港 
走査電子顕微鏡像 3000×
D=35μm

 

(写真☐9)

30_R.jpg

Actinoptychus senarius
アクチノプティカス セナリウム

小田原漁港 
走査電子顕微鏡像 10000×

 

(写真☐10)

31_R.jpg

Bacteriastrum sp.
バクテリアスツルム属の一種
海産珪藻(円心目)
小田原漁港 秋季
走査電子顕微鏡像 4000×

 

(写真☐11)

32_R.jpg

Chaetoceros debilis
キートケロス デビル
海産珪藻(円心目)
小田原漁港 秋季
走査電子顕微鏡像 2500×

 

(写真☐12)

 

33_R.jpgChaetoceros didymus
キートケロス ディデマム
海産珪藻(円心目)
小田原漁港 秋季
走査電子顕微鏡像 1500×

 

(写真☐13)

34_R.jpgChaetoceros pseudocurvisetus
キートケロス シュードクルビセタム
海産珪藻(円心目)
小田原漁港 秋季
走査電子顕微鏡像 3000×

刺毛の基部の孔が特徴

 

(写真☐14)

35_R.jpgTriceratium sp.
トリケラチウム属の一種
海産珪藻(円心目)
小田原漁港 秋季
走査電子顕微鏡像 1000×

刺毛の基部の孔が特徴

 

(写真☐15)

36_R.jpgTriceratium sp.
トリケラチウム属の一種
海産珪藻(円心目)
小田原漁港 秋季
走査電子顕微鏡像 8000×

 

(写真☐16)

37_R.jpgCalcidiscus sp.
カルキディスクス属の一種
(円石藻目)
海産ハプト藻1
真鶴岬 秋季
走査電子顕微鏡像 7000×
D=12μm

 

(写真☐17)

38_R.jpgSyracosphaera sp.
シラコスファエラ属の一種
(円石藻目)
海産ハプト藻2
真鶴岬 秋季
走査電子顕微鏡像 5000×
D=10μm

 

(写真☐18)

39_R.jpgGephyrocapsa oceanica
ゲフィロカプサ オセアニカ
(イソクリシス目)
海産ハプト藻3
真鶴岬 秋季
走査電子顕微鏡像 4000×
D=8μm

 

(写真☐19)

40_R.jpgHelicosphaera sp. (cf. carteri)
ヘリコスファエラ属の一種
(円石藻目)
海産ハプト藻4
真鶴岬 秋季
走査電子顕微鏡像 6000×
D=20μm

 

(写真☐20)

最後の4種は、地球温暖化にも大きく関わっている水中の二酸化炭素とカルシウムを取り込んで
円盤状の構造を細胞の表面に形成する仲間で円石藻類と呼ばれます。
光学顕微鏡で見ると円石は半透明なので電子顕微鏡のような輪郭がはっきりした写真を撮ることはできません。
細胞内部に葉緑体を有し、独立栄養生物でその殻は堆積し微細な化石生物でもあります。

Haptophyta ハプト植物門
Haptophyceae ハプト藻綱
Prymnesiophycidae プリムネシウム亜綱
Isochrysidales イソクリシス目 種によっては、Coccolithales 円石藻目 に属します

※記載されている倍率は、画面上の倍率ではありませんのでご注意ください。

求人情報UPしました

★平成27年4月~採用の求人はございません。

★平成28年4月~採用の求人は現時点ではございません。

 

DNA解析技術顧問の紹介

=DNA解析技術顧問の紹介=

平成27年4月1日より以下2名を技術顧問として迎えました。

●横山耕治 DNA解析技術顧問
       千葉大学 真菌医学研究センター 非常勤講師 博士(医学)
       取り扱い生物:微細藻類・魚介類・真菌・細菌

 

え~よんファイル 海産動物プランクトン版-1

A4クリアファイル 海産動物プランクトン版-1を作りました。

20140605-2.jpg

z001Calanus sinicas♀.jpg Calanus sinicas♀

z002Cosmocalanus darwini♀1.jpg Cosmocalanus darwini♀

z005Paracalanus parvus♀.jpg Paracalanus parvus♀

z003Paracalanus aculeatus.jpg Paracalanus aculeatus♀

z008acrocalanus graco;os.jpg Acrocalanus gracilis♀

z010clausocalanus farrani♀.jpg Clausocalanus farrani♀

z011clausocalanus minor mesu.jpg Clausocalanus minor♀

z012clausocalanus arcuicornis.jpg Clausocalanus arcuicorrnis♀

z013ctenocalanus vanus.jpg Ctenocalanus vanus♀

z014euchaeta plana.jpg Paraeuchaeta plana♀

z015sinocalanus tenellus.jpg Sinocalanus tenellus♀

z016pseudodiaptomus y.jpg Pseudodiaptomus sp.(young)

z018pleuromama grailis.jpg Pleuromamma grailis♀

z019candacia bipinnata.jpg Candacia bipinnata♂

z020acartia omorii.jpg Acartia omorii♀

z021acautia hudsonica.jpg Acartia hudsonica♀

z022oithona brevicornis♀.jpg Oithona brevicornis♀

z023oithona brevicornis♂.jpg Oithona brevicornis♂

z024oithona nana♀.jpg Oithona nana♀

z026oithona nana♂.jpg Oithona nana♂

z027oithona simplex♀.jpg  Oithona simplex♀

z028oithona simplex♂.jpg Oithona simplex♂

z029oithona setigera♀.jpg Oithona setigera♀

z030oithona plumifera♀.jpg Oithona plumifera♀

z031oithona plumifera♂.jpg Oithona plumifera♂

z032oithona longispina♀.jpg Oithona longispina♀

z033Oithona oculata♀.jpg Oithona oculata♀

z034oncaea meditteranea.jpg Oncaea mediterranea♀

z035oncaea venusta.jpg Oncaea venusta

z036corycaeus affinis♀.jpg Corycaeus affinis♀

z037corycaeus affinis♀.jpg Corycaeus affinis♀

z038corycaeus pacificus♀.jpg Corycaeus pacificus♀

z039corycaeus pacificus♂.jpg Corycaeus pacificus♂

z041farranuka gibbula♀.jpg Farranula gibbula♀

z042microsetella norvegica♀.jpg Microsetella norvegica♀

z043euterpina acutiformis♀.jpg Euterpina acutifrons♀

z101penilia avirostris.jpg Penilia avirostris

z102podon leukarti.jpg Podon leuckarti

z104evadne spinifera.jpg Evadne spinifera

z105evadne nordmanni.jpg Evadne nordmanni

z106evadne tergestina.jpg Evadne tergestina

z110sagitta pacifica.jpg Sagitta pacifica

z113oikopleura dioica.jpg Oikopleura dioica

【裏表紙】

01野付より知床岬01.JPG ①北海道 野付半島 知床岬

02トイトッキ浜.JPG ②北海道 中川郡豊頃町 トイトッキ浜

03真鶴岬2001s.JPG ③真鶴岬 三石海岸

04奄美龍郷町060303.JPG ④奄美大島 龍郷町

05沖縄IMG_8272.JPG ⑤沖縄 国頭郡大宜味村

 

事務所移転のお知らせ

この度、弊社福岡支店は下記に移転することになりました。
これを機に従業員一同更に専心努力いたしご期待にお応えする決意でございます。

                   記

移転日 : 平成26年4月21日(月曜日)
住所新 : 〒812-0896 福岡県福岡市博多区東光寺町1-15-39
TEL   : 092-432-9700
FAX   : 092-432-9701
E-mail : f-bio@plantbio.com

※電話番号・FAX番号およびE-mailアドレスの変更はございません。
 

え~よんファイル ユスリカ版

A4クリアファイル ユスリカ版を作りました。

クリアファイル0001.jpg

モンユスリカ亜科 ナガツメヌマユスリカ属 Fittkauimyia sp.  
ss8000020Fittkauimyia.jpg ss8000020Fittkauimyia-d1.jpg    
説明文
  ボカシヌマユスリカ属 Macropelopia sp.  
ss8000030Macropelopia.jpg ss8000030Macropelopia-d1.jpg    
説明文
  モンヌマユスリカ属 Natarsis sp.  
ss8000040Natarsia.jpg ss8000040Natarsia-d1.jpg ss8000040Natarsia-t1.jpg ss8000040Natarsia-v1.jpg
説明文
  コヒメユスリカ属 Nilotanypus sp.  
ss8000050Nilotanypus.jpg ss8000050Nilotanypus-d1.jpg ss8000050Nilotanypus-e1.jpg  
説明文
ヤマユスリカ亜科 オオユキユスリカ属 Pagastia sp.  
ss8000090Pagastia.jpg ss8000090Pagastia-d1.jpg    
説明文
  モンティウムユスリカ Potthastia montium  
ss8000120Potthastia montium.jpg ss8000120Potthastia montium-d1.jpg ss8000120Potthastia montium-etc2.jpg  
説明文
  フサユキユスリカ属 Sympotthastia sp.  
ss8000130Sympotthastia.jpg ss8000130Sympotthastia-d1.jpg ss8000130Sympotthastia-k1.jpg  
説明文
オオヤマユスリカ亜科 トゲヤマユスリカ属 Monodiamesa sp.  
ss8000140Monodiamesa-1.jpg ss8000140Monodiamesa-d1.jpg    
説明文
エリユスリカ亜科 ケブカエリユスリカ属 Brillia sp.  
ss8000150Brillia.jpg ss8000150Brillia-d1.jpg ss8000150Brillia-t1.jpg  
説明文
  エラノリユスリカ属 Epoicocladius sp.  
ss8000170Epoicocladius-1.jpg ss8000170Epoicocladius-d1.jpg ss8000170Epoicocladius-t1.jpg  
説明文
  テンマクエリユスリカ属 Eukiefferiella sp.  
ss8000180Eukiefferiella sp2-1.jpg ss8000180Eukiefferiella sp2-d1.jpg    
説明文
  フユユスリカ属 Hydrobaenus sp.  
ss8000190Hydrobaenus.jpg ss8000190Hydrobaenus-d1.jpg ss8000190Hydrobaenus-k1.jpg ss8000190Hydrobaenus-v1.jpg
説明文
  ホソケブカエリユスリカ属 Neobrillia sp.  
ss8000200Neobrillia.jpg ss8000200Neobrillia-d1.jpg ss8000200Neobrillia-t1.jpg  
説明文
  エリユスリカ属 Orthocladius sp.  
ss8000210Orthocladius-2.jpg ss8000210Orthocladius-d1.jpg ss8000210Orthocladius-d4.jpg  
説明文
  ニセナガレツヤユスリカ属 Paracricotopus sp.  
ss8000220Paracriotopus.jpg ss8000220Paracriotopus-d1.jpg ss8000220Paracriotopus-e1.jpg  
説明文
  アカムシユスリカ Propsilocerus akamusi  
ss8000240Propsilocerus akamusi.jpg ss8000240Propsilocerus akamusi-d1.jpg    
説明文
  ナガレツヤユスリカ属 Rheocricotopus sp.  
ss8000250Rheocricotopus.jpg ss8000250Rheocricotopus-d1.jpg    
説明文
  ミナミケブカエユスリカ属 Xylotopus sp.  
ss8000280Xylotopus.jpg ss8000280Xylotopus-d1.jpg ss8000280Xylotopus-s1.jpg  
説明文
ユスリカ亜科 クロユスリカ属 Einfeldia sp.  
ss8000300Einfeldia.jpg ss8000300Einfeldia-d1.jpg    
説明文
  コダカユスリカ属 Microchironomus sp.  
ss8000320Microchironomus-1.jpg ss8000320Microchironomus-d1.jpg ss8000320Microchironomus-k1.jpg  
説明文
  ヤモンユスリカ Polypedilum nubifer  
ss8000360Polypedilum nubifer.jpg ss8000360Polypedilum nubifer-d1.jpg ss8000360Polypedilum nubifer-s1.jpg  
説明文
  ハモンユスリカ属 Polypedilum sp.  
ss8000370Polypedilum-1.jpg ss8000370Polypedilum-d1.jpg    
説明文
  ヒメケバコブユスリカ属 Saetheria sp.  
ss8000400Saetheria.jpg ss8000400Saetheria-d5.jpg ss8000400Saetheria-s1.jpg  
説明文
  アシマダラユスリカ属 Stictochironomus sp.  
ss8000430Stictochironomus-1.jpg ss8000430Stictochironomus-d1.jpg ss8000430Stictochironomus-s1.jpg  
説明文

田代池2500.JPG【裏表紙】上高地・田代池

えーよんファイル 植物プランクトン版

●植物プランクトン

海産珪藻類(上3枚)

オホーツク海の冬、アムール川などからの流氷とともに豊富な栄養分が届きます。さらに湧昇流により深層の海水と対流が起こり、そして解氷(3月後半)、日射量が徐々に増え始め海の中は、ブルーミングといわれる藻類の大量増殖期が訪れます。中でも珪藻類は、サイズ的にも大きく、大量に発生し、動物プランクトンや魚介類の幼生の重要な餌となります。

Odontella aurita004.jpg

左上

不等毛植物門(Heterokontophyta)
珪藻網(Bacillariophyceae)
円心目(Centrales)
ビドゥルフィア科(Biddulphiaceae)
オドンテラ アウリタ(Odontella aurita)
 

Chaetoceros pseudocurvisetum_40x012.jpg

右上

不等毛植物門(Heterokontophyta)
珪藻網(Bacillariophyceae)
円心目(Centrales)
キートケロス科(Chaetoceraceae)
キートケロス シュードクルビセタム
(Chaetoceros pseudocurvisetum)

 

Chaetoceros denticulatum _40x000.jpg

中央

不等毛植物門(Heterokontophyta)
珪藻網(Bacillariophyceae)
円心目(Centrales)
キートケロス科(Chaetoceraceae)
キートケロス デンティキュラタム
(Chaetoceros denticulatum)

Spirogyra sp01.jpg

左下

緑色植物門(Chlorophyta)
緑藻網(Chlorophyceae)
ホシミドロ目(Zygnematales)
ホシミドロ科(Zygnemataceae)
アオミドロ属の一種(Spirogyra sp.)

淡水中で一般的な、比較的なじみのある糸状体藻類で水槽や窒素の流入が多い池や湖沼で時に大量発生して景観を悪くしますが顕微鏡で見ると螺旋状の葉緑体とても美しいです。

 

Dictyosphaerium sp01.jpg

右下

緑色植物門(Chlorophyta)
緑藻網(Chlorophyceae)
クロロコックム目(Chlorococcales)
ディクティオスフェリウム科
(Dictyosphaerium Pulchellum)
ディクティオスフェリウム プルケルム
(Dictyosphaerium pulchellum)


止水域では一般的な緑藻類で特にこのクロロコックム目の仲間は多種多様で美しい形態のものが多く、本種は球形の細胞が連絡糸と呼ばれる糸で群体を形成するのが特徴です。

 

朝礼より

「ミドリムシからプラスチック製造 産総研まどが開発成功」   MSN産経ニュース

光合成をする藻類の一種ミドリムシを主な原料とするプラスチックを開発したと産業技術総合研究所(茨城県つくば市)や宮崎大などの研究チームが9日、発表した。
ミドリムシは培養しやすいことや、陸上の植物より光合成の効率がよいとされる利点がある。高湿高圧の反応でエネルギーを消費して作る石油からのプラスチックと比べ、製造過程の二酸化炭素(CO2)の排出が少なくなると期待できる。

チームはミドリムシが、細胞内でプラスチックの原料となる高分子の糖を大量に作る能力があることに注目。この糖を取り出し、ミドリムシの油脂かカシューナッツの殻の油脂と反応させ、プラスチックを合成した。できたプラスチックは成分の約70%が植物由来で、加工のしやすさや耐熱性は石油からのプラスチックと同等だったという。

同研究所の芝上基成主任研究員は「実用化にはまだ課題も多いが、強度などを改善して耐久性のある素材にしたい」と話している。

Euglena sp01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

朝礼より

「東大、超薄連続切片技術と3D画像再構築技術で藻類の細胞内の変化を明らかに」
                                          マイナビニュース

東京大学は、電子顕微鏡による超薄連続切片技術と3D画像再構築技術とを組み合わせて、淡水産の単細胞性緑藻の1種の「ヘマトコッカス藻」がストレス条件下で培養された際に抗酸化作用のある物質「アスタキサンチン」やそれを含むオイルを蓄積していく仕組みを明らかにしたと発表した。

バイオ燃料は生物資源由来のエタノールやディーゼル燃料などを指し、カーボンニュートラルな再生可能資源であることから、将来も有望なエネルギー源として期待されている代替えエネルギーの1つだ。

とりわけ藻類は、穀物など食料作物との競合がなく、またバイオ燃料以外にもデンプンなどの付加価値の高い有用物質を生産する点で注目されており、近年、バイオマス利用のための研究が盛んだ。今回の研究で対象となったヘマトコッカス藻は強光などのストレス条件下で培養すると、カロテノイドの1種で前述したように強い抗酸化活性を持つ赤色の色素の抗酸化物質アスタキサンチンを生産することが知られている。
アスタキサンチンはβ-カロテンの5倍、ビタミンEの110倍、ビタミンCの6000倍以上という非常に強い抗酸化活性があるとされており、医薬品、健康食品、化粧品などへの商業利用が進んでいる。また、サケマスなどの養殖魚や鶏卵の色揚げにもなくてはならないものになっている。

研究グループは、ヘマトコッカス藻の「栄養細胞」がストレス条件下でアスタキサンチンを蓄積し、環境ストレスに耐性のある休眠状態の細胞であるシストに変化する過程を、アスタキサンチンやそれを含むオイルの増減、細胞小器官「オルガネラ」の動態に注目して解析した。

1つの細胞を1枚80nmの連続した350枚の超薄切片に切り分け、それらを1枚1枚電子顕微鏡で観察した画像を並べた。これをコンピューターに取り込み、ラットクシステムエンジニアリングとの共同研究で3D画像に再構築した。
その結果、強光下のシスト化過程でヘマトコッカス藻の細胞内構造が劇的に変化することが明らかになったのである。例えば、アスタキサンチンを含むオイルの体積は0.2%から約52%まで増加し、一方、細胞体積の約42%を占めていた葉緑体は9.7%にまで減少した。

今回の成果は、正確な体積計算が3D画像を用いることで初めて可能になり、それによりアスタキサンチンを含むオイル蓄積の仕組みに関する多くに知見が得られた形だ。この技術は今後、藻類が生産するオイルや有用物質の細胞内蓄積量の推定に不可欠となるだろうと、研究グループはコメント。なお、細胞全体の体積の52%に当たるオイルは、今後、バイオ燃料としても期待されるとしている。                             
                                                 担当・I

10月の朝礼より

「原因は微生物? 毎年200ギガトンもの氷がとける北極」・週刊朝日より

夏でも冬でも、一年中、氷と雪に閉ざされた大地・・・。そんな北極のイメージが壊れ始めた。夏になると、氷がとけ、あちこちに激しい流れの川ができるのだ。北極に何が起きているのか?
観測チームと共に北緯77度の氷河を歩いた7~8月、グリーンランドは記録的に「暖かい夏」だった。

氷をザクザク踏みしめ、氷河を登り始めた途端、異様な光景が広がった。赤茶や灰色に汚れている。墨をまいたように黒い氷もある。顕微鏡で見ると、ソーセージみたいに連なる赤茶の物、鮮やかな緑の楕円、赤い丸・・・奇妙な色や形がいっぱいだ。「微生物です。これが氷をとかすんですよ」と教えてくれたのは国立極地研究所の植松淳特任研究員。氷は白ければ太陽光の熱を反射するが、色づくほどに吸収し、とけやすくなるという。さらに登ると、氷にぽつぽつ穴が開いている。底に水と1~2ミリの茶色の粒々がたまっている。微生物の集合体「クリオコナイト」だ。ヒマラヤや中国の山岳氷河に多いが、「極地、しかも標高の高いところまで広がっているとは」と千葉大の竹内望教授は驚いた。

グリーンランド氷床は、融解が年々加速している。米航空宇宙局(NASA)や宇宙航空研究開発機構(JAXA)はこの7月、「表面のほぼ全域がとけた」と発表した。衛星観測開始以来初めてだ。

雪が積もり氷ができ、やがて氷山や水となって海へ流れ落ちて消える・・・。グリーンランドの氷床は、その増減のバランスが崩れ、毎年200ギガトンもの氷を失い続けている。それに拍車をかけているのがこの雪氷微生物だとすれば、地球環境もまた彼らにコントロールされているのかもしれない。

【クリオコナイトとは】
氷河の表面に形成される直径0.2-2.0mm程度の黒色の粒子である。藻類や従属栄養性のバクテリア、鉱物質の粒子などから成る。(Wikipedia)